樽酒の開け方

[taru00]

1-1.樽を上から見た様子。

・この写真の商品は出荷時に「頭まくり」処理してあります。

・薦(こも)の上部切り取りは省略できます。

[taru10]

1-2.樽の上部の菰(ワラおよび綱)を切る。

※「切る」、「離す」など縁起をかついでしたくない場合、薦上部の菰を編んでいる細い綱を抜き取り、薦を広げてから折り曲げて中へ巻き込みます。(手間が掛かります)

[taru13]

1-3.樽の上部の菰(ワラおよび綱)を折り込む。

・縄は印の部分切り、残った部分は間に差し込みます、切りくずが残る場合もありますので綺麗にしてください。

・縄は金ベラ等を利用して押し込むといいでしょう。

[taru14]

1-4.「頭まくり」完成。

・樽を上から見た様子。

[taru15]

1-5.「頭まくり」完成。

・樽を正面からの様子。

[taru4]

3.樽の鏡を抜く - 金ベラを打ち込む。

・木目に合わせて木づちで打ち込みます。

[taru21]

3-1.樽の鏡を抜く - 金ベラ等を打ち込む。

・金ベラのおしりを木づちで叩きますが、自分の手を叩かないように気を付けてください。。

※ゴム製ハンマーは反発して危険ですので使用はお止めください。

[taru7]

3-2.金ベラ等を打ち込む。

・一ヶ所だけでは無理だと思いますのでその時は木目に合わせて反対側にも打ち込みます。

・打ち込んだら「てこの原理」で少しづつ蓋を持ちあげます。

[taru8]

3-3.金ベラ等でふたをこじあける。

・樽の上部のふたが少しういた段階でこじ開けますがうまく上がらない場合もあります。その場合は木目の間を交互をテコの原理で少しづつこじ開けていきます。

[taru9]

3-4.金ベラ等で蓋をこじあける。

・慌てずに金ベラを交互に差し込んで少しづつこじ開けていきます。

・中に浮いている木くず等は柄杓や箸などで取り除いてください。細かいゴミが浮いた場合には、「茶こし」等ですくい取ってください。。

・蓋をのせる時にサランラップ等をはさんでおくと酒も跳ねにくく、鏡割り後の蓋の片付けが楽になります。

[taru01]

4.樽の蓋をのせる。

・樽の蓋を全部あけてもう一度樽の上にのせておきます。

・蓋が割れずに外れる事もありますが、数枚に割って載せると「鏡開き」の「割る」セレモニーがスムーズにできます。

・木槌で叩く仕草だけでも良い場合は無理に蓋を割る必要はありません。

[taru15]

5.正面からの姿

・台に乗せて完成です。

・中味をやかんなどに少し抜いておくと「運ぶ」にも「急いで注ぐ時」にも「鏡割り時の酒の飛び散り防止」にも良いです。

Copyright(c) 2016 Echigoya All Rights Reserved.